朝焼けのスピリチュアルな意味とは?

「朝焼けにはどんな意味があるんだろう?」
「縁起が良いの?それとも不吉な象徴?」
「朝焼けだと雨が降るって本当?」
・・・そんな疑問を抱えているあなたへ。

この記事では、朝焼けのスピリチュアルな意味について、詳しく解説していきます。

朝焼けを見たときにおすすめの行動についてもお伝えしていくので、あわせて参考にしてみてください。

朝焼けとは?

日没の時間帯に西の地平線に近い空が赤く見えるのが「夕焼け」なのに対して、日の出の時間帯に日光の反射で東の空が赤く染まって見えることを「朝焼け」と言います。

朝焼けは夕焼けに比べて地表に届く日光が強く、まぶしく感じやすいのが特徴です。

また、朝焼けが見られるタイミングは、朝のかなり早い時間帯なので、「夕焼けは見たことがあるけど、朝焼けは見たことがない」という人も少なくないでしょう。

朝焼けのあとは雨が降るって本当?

「朝焼けのあとは雨が降る」という話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

日本には「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」という朝焼けにまつわることわざがあり、古くから「朝焼けは雨が降る前兆」と言われてきました。

日本列島のほとんどの地域では、天気が西から東へと変わっていくことが多いため、朝焼けが見えるとき(=東の空が晴れているとき)は、実際に西から雨になる可能性が高いと言われています。

朝焼けのスピリチュアルな意味

スピリチュアル的に見ると、朝焼けには運気アップやエネルギーチャージの効果が期待できます。

スピリチュアルな感度が高い人は、朝焼けを見たときに神秘的な魅力や神々しさ、圧倒的なパワーなどを感じるかもしれません。
つまり、それほど強力なエネルギーを朝焼けが発しているということです。

「最近なにをやってもうまくいかない」と気