電話の音が聞こえる時のスピリチュアルな3つの意味とは?

どこからともなく「プルルルル」という電話の呼出音が聞こえてくる。

あるいは、着信音やサイレントモード時の振動音が聞こえたような気がして電話を手に取ってみたものの、誰からも着信があった形跡はない・・・。

そんな経験をしたことはありませんか?

突然、自分の耳にだけ聞こえてくる電話の音は、あなたへのスピリチュアルサインの場合があります。

今回は、電話の音が聞こえてくる時のスピリチュアルな意味について詳しく解説していくので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

電話の音が聞こえる時のスピリチュアルな3つの意味

スピリチュアル的な見方をすると、電話の音(着信音・呼出音・振動音)が聞こえる時は、次の3つのような意味があると考えられます。

・危険が迫っていることを知らせるメッセージ
・精神的な疲れが溜まっているサイン
・寂しい気持ちの現れ

では、それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

意味1:危険が迫っていることを知らせるメッセージ

鳴っていないはずの電話の音が聞こえる時は、あなたを守る存在からの「危険が迫っているから気をつけて」というスピリチュアルメッセージの場合があります。

あなたを守る存在とは、守護霊や守護神、天使、先祖の霊など、さまざまです。

たとえば夜道を1人で歩いている時に、どこからともなく電話の音が聞こえ、不思議に思って周りを見渡すと、不審者に後