狐を見た時のスピリチュアルな意味とは?白い狐のスピリチュアルな意味もご紹介!

狐はスピリチュアルな世界との繋がりが深い生き物として有名ですね。
実際に狐を見たことはないという人も、スピリチュアルなイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。
野生の狐は人を怖がる動物ですので、人前に姿を現すことは滅多にありません。
たまたま現れたとしても、人間の姿を目にするとすぐに逃げてしまうでしょう。

全国各地にある稲荷神社には、稲荷の神の遣いとして狐は祀られていますね。
狐は神の遣いであり、人間と神様を結んでくれる存在です。
そんな中でも、狐を不吉な存在だと思っている人も少なくないのが現状です。
実際に狐は縁起が悪い存在なのでしょうか。

ここでは『狐のスピリチュアルな意味』についてお話ししていきます。
良かったら、最後までお付き合いください。

狐は縁起が悪い存在?

人によっては、「狐は縁起が悪い」「狐は不吉な存在」と思っている人もいるようですね。
確かに狐は、人を化かす昔話のイメージでは、「狡猾で嫌なヤツ」という悪役の代表的な存在です。
しかし狐に対する悪いイメージは昔話が原因ではなく、元々は“狐憑き”などの悪い霊の印象が原因となっていると考えられます。
現代ほど医学が進んでいなかった昔は、メンタル疾患を一つの病気であると認められていなかったため、そうした疾患を患った人を“狐憑き”と呼ぶこともあったそうです。
つまり、狐は非常にネガティブなイメージがあり、「縁起が悪いもの」として捉えられてきたのです。

しかし実は、スピリチュアルでは狐は非常に縁起が良い存在と言われており、見かけたら「良いことがある」とさえ言われています。
狐は神の遣いですので、大変神聖な生き物であり、スピリチュアルなメッセージが込められています。
もしも狐を見かけることがあったら、「良いことがある!」と喜んでください。
では、次の章では狐を見た時のスピリチュアルな意味についてお話ししていきます。