肉が食べたいと思った時のスピリチュアルな意味とは?

「肉が無性に食べたい!」という経験がある方は多いでしょう。
焼肉屋さんの前を通ると、タレと肉を焼いた香ばしい香りに誘われることもあります。
しかしスピリチュアルでは、「肉を食べない」という考え方がスタンダードになっています。
もちろん、栄養学的には肉はたんぱく質を多く含み、体に必要な栄養素であると考えられています。
ここではスピリチュアルな観点から、『肉が食べたいと思った時のスピリチュアルな意味』についてお話ししていきます。
良かったら、最後までお付き合いください。

スピリチュアル的な肉の波動

栄養学的に見ると肉は体を作る基本であるたんぱく質を多く含み、健康維持に必要な食べ物であるとされています。
しかしスピリチュアルでは、肉は『波動が低い食べ物』であり、肉を食べる事で『波動を下げる』と言われています。
驚かれた方も多いのではないでしょうか。
「肉を食べる=元気になる」というイメージがあることから、食べる事で「波動を下げる」なんて意外ですよね。
その理由を見ていきましょう。

肉は動物の死肉である

肉が波動を下げる理由の一つに、肉が動物の死肉であることが挙げられます。
こうして活字にしてみる