ショックな出来事が起こった時のスピリチュアルな意味とは?

大きな失敗や信頼していた人の裏切り、大切な人との別れなど、ショックな出来事を経験すると、落ち込んだり、放心状態になったりしてしまうことも少なくありません。

ただ、スピリチュアル的な見方をすると、ショックな出来事はあなたにとって前向きな意味を持っているケースも珍しくないのです。

今回はショックな出来事が起こった時のスピリチュアルな意味について、詳しく解説していきます。
ショックな出来事が起こった時に注意すべきポイントもお伝えしていくので、ぜひ参考にしてください。

ショックな出来事が起こった時のスピリチュアルな意味

スピリチュアルな観点から見ると、ショックな出来事が起こった時は、次の3つのような意味があると考えられます。

・大きな幸運が訪れる前兆
・自分の波動が現実に反映されている
・必要なものと不要なものを教えてくれている

では、それぞれの項目について、さらに詳しく見ていきましょう。

意味1:大きな幸運が訪れる前兆

ショックな出来事が起こった時は、スピリチュアル的に大きな幸運が訪れる前兆を示している場合があります。

たとえば、仕事で取り返しのつかないミスをして辞職したところ、タイミングよく憧れの職業に転職でき、収入もグンとアップするというようなことが起こるかもしれません。

また、結婚するつもりで長年付き合っていた恋人に突然振られて、途方に暮れていた時に本当の運命の人に出会うというケースもあります。

信じられないような最悪の出来事に直面すると、人生のどん底にいるかのように感じてしまうこともあるでしょう。
しかし、実際はその先に、あなたの想像を遥かに超えるような幸運が待っているのです。

意味2:自分の波動が現実に反映されている

スピリチュアルな見方をすると、ショックな出来事が起こる時は、あなた自身の波動が現実に反映されているケースもあります。

現実の世界は自分の内面を映し出す鏡のため、自分の内面に存在しない要素は自分の世界に現れません。

つまり、あなた自身が自分を愛せていなかったり、不安や不快、怒り、傷心の感情を抱いていたりすると、その波動が共振して現実にショックな出来事として現れることがあるのです。

意味3:必要なものと不要なものを教えてくれている

ショックな出来事が起こった時は、スピリチュアル的な高次元の存在が、あなたの人生にとって必要なものと必要でないものを教えてくれている場合があります。

大切にしていた物をなくしたり、愛する恋人に振られたりするのはとてもショックなこと。
しかし、「それはこれからの人生には必要ないから手放しなさい」というスピリチュアルメッセージなのかもしれません。

あなたの人生にとって本当に必要な物や人は、どんなことがあってもあなたの元を離れていかない、あるいは離れても戻ってくるものです。

ショックな出来事が起こった時は、今の自分に必要なものは何なのか、振り返るタイミングがきていると捉えると良いでしょう。

ショックな出来事が起こった時に注意する5つのポイント

ショックな出来事が起こった時に注意すべきポイントは、次の5つです。

・慌てず、恐れず、冷静になる
・誰かのせいにしない
・相手に変化を求めない
・自分の内側に目を向ける
・起こった出来事に感謝する

ここからは、上記のポイントについて1つずつ見ていきましょう。

ポイント1:慌てず、恐れず、冷静になる

ショックな出来事が起こると、気が動転したり、我を忘れて取り乱してしまったりすることもありますよね。
「これからどうなってしまうんだろう」と怖くなってしまうこともあるかもしれません。

そんな時こそ慌てず、冷静になりましょう。
スピリチュアル的に考えると、人生で起こることにはすべて理由があります。
何も恐れることはありません。

一旦、目を閉じて深呼吸をしましょう。
そして「大丈夫」「自分にとってベストなことしか起こらない」と心の中で念じてみてください。
徐々に心が穏やかになっていくはずです。

ポイント2:誰かのせいにしない

ショックな出来事が起こると、「あの人のせいだ」「なんであんなことしたの・・・」「私は悪くないのに」と、自分以外の誰かのせいにしたくなりがちです。

ただ、スピリチュアルの世界では「現実は自分の内面を映し出す鏡」であり、起こったことの原因はすべて自分に内在していると考えられます。

誰かのせいにして、その人に怒りや悲しみの感情をぶつけていると、現実はさらに悪い方向へ進んでしまいかねません。
だからこそ、ショックな出来事が起こった時に誰かのせいにするのはやめましょう。

ポイント3:相手に変化を求めない

ショックな出来事が起こった時には、相手のせいにしないのと同時に、相手に変化を求めないことも重要です。

たとえば、浮気をした恋人に対して「もう絶対に浮気しないで」「もっと誠実になって」など、変わることを求めてもあまり意味がありません。なぜかというと、根本的には人を変えることはできないからです。

変えられるのは自分自身だけ。
だからこそ、現実を変えたいと思ったら、自分の思考や行動を変えるようにしましょう。

ポイント4:自分の内側に目を向ける

ショックな出来事が起こった時には、悲しみに暮れるのではなく、自分の内面に目を向けることが大切です。

ショックな出来事は自分に何を教えてくれているのか、自分が本当に大切にしたいことは何なのか、自分の内面にマイナスな感情が溜まっていないか、確認してみましょう。

毎日を忙しく過ごしていると、どうしても意識が外側に向きがちです。
ゆっくりと時間をとって、リラックスしながら自分と対話してみてください。

ポイント5:起こった出来事に感謝する

スピリチュアル的に見ると、人生で起こることにはすべて意味があり、魂の成長につながっています。
だからこそ、ショックな出来事が起こった時には、その出来事に感謝することも大切です。

ショックな出来事に直面してすぐは、なかなか前向きに捉えることは難しいかもしれません。
時間がかかっても良いので、徐々に起こった出来事のポジティブな側面を見つけて「ありがとう」と言える日を目指しましょう。

まとめ

今回は、ショックなことが起こった時のスピリチュアルな意味について、詳しく解説しました。

ショックな出来事は「できれば避けたい」と考える人が多いでしょう。
ただ、信じられないようなショックな出来事の後には、想像もできなかったような素晴らしい未来が待っていることがあります。

「今」という人生の一部分を切り取って悲観するのは、とてももったいないことです。
「今は辛いけど、きっとこれからもっと良くなるはず」と、ポジティブに捉えて生きていきましょう。