古傷が痛む時のスピリチュアルな意味とは?

「雨が降ると古傷が痛む」という話しを聞いたことがある人は多いでしょう。
また、ご自身がそうであるという方も少なくないですよね。
「昔、バイク事故で大怪我をして、そのときの古傷が今でも痛くなることがある」
「手術痕の傷が痛む」
「学生時代に部活中に骨折したところが今でも痛くなる」
状況は様々ですが、傷としては既に治ったはずの古傷が今でも痛くなるのはなぜでしょう。
ここでは『古傷が痛む時のスピリチュアルな意味』についてお話ししていきます。
良かったら、最後真までお付き合いください。

医学的に見た古傷の痛み

既に治ったはずに古傷が痛くなることは、医学的にも珍しいことではないようです。
過去に怪我をした部分や手術をしたところが、雨の日や季節の変わり目、体が冷えたときに痛くなることがありますよね。
この症状は、完治したように見えても、目に見えない皮膚の下の筋肉組織が完全に修復されていないことで起こるとされています。
ほかにも『血流が悪い』『筋肉の伸縮が上手くいかない』といったことで痛みを発症することがあるそうです。
患部が痛むだけでなく、頭痛や吐き気などの症状が表れる場合もあると言われています。
痛みは主に、天候やストレスで左右されるそうです。
古傷が痛くなって「明日は雨かな」と分る人もいますよね。
天候や気圧の変化は、肉体的なストレスとなり、古傷に痛みを感じるようです。
同様に、不安や恐怖心や孤独感などが精神的なストレスとなって、痛みを感じることもあるそうです。
ストレスが原因で痛みを感じる場合は、自律神経を整えることで痛みを感じにくくなることがあります。
また、古傷の部分のストレッチをするなど、筋肉の硬直を防ぐことも大切ですね。
ただし、痛みが強い場合や頻繁に感じる場合は、病院を受診することをおすすめします。

古傷が痛む時のスピリチュアルな2つの意味

古傷が痛む時、スピリチュアル的にはどんな意味があるのでしょうか。
ここでは2つの意味をご紹介していきます。

古傷から溢れる想い

スピリチュアル的に古傷が痛むのは、その古傷から溢れる想いがあるということを意味しています。
怒りや悲しみ、イライラ、ヒステリーなど、痛みとなって現れるのは負の感情が多く、決して良い感情ではありません。
古傷は、そうした過去の負の感情を浄化してくれるため、状況や環境などで過去の想いが出て来ることがあるようです。
例えば、昔ヤンチャしていた人が大人になって落ち着き、今は穏やかな毎日を送っていても、時々昇華しきれていない過去