靴が壊れる時のスピリチュアルな意味とは?

出掛けようと思ったときに、玄関でお気に入りの靴が壊れていることに気付くことってありますよね。
また、出先で急にサンダルのストラップが切れたり、ヒールが折れたり、靴底が剥がれるなど、靴が壊れて困った経験はありませんか。
靴が壊れる時、スピリチュアルではどんな意味があるのでしょうか。
ここでは『靴が壊れる時のスピリチュアルな意味』についてお話ししていきます。
良かったら、最後までお付き合いください。

靴のスピリチュアルな意味

「オシャレは足元から」という言葉があるように、オシャレな人は靴へのこだわりも強い方が多いですね。
スピリチュアルでは、靴は『新しい運気を運ぶ』『新たな縁を繋ぐ』という役目があると言われています。
新しい靴は新たな出会いを、美しい靴は素敵な出来事を、高価な靴はハイスペックなビジネスチャンスを運んできてくれます。
逆に壊れた靴や汚れた靴、踵がすり減った靴は、悪い運気を集めて運気の上昇を妨げます。
良い運気を招くには、いつもキレイな靴を履くことが重要です。
気に入った靴は使う回数も多いでしょうし、長期間愛用するでしょう。
しかし壊れたり取れない汚れが付いた場合は、思い切って買い換えるようにしてください。
どうしても捨てたくない場合は、修理に出してキレイに磨き、良い状態を保つようにし