「類は友を呼ぶ」をスピリチュアル的に解説!

「類は友を呼ぶって、スピリチュアル的にはどういうこと?」という疑問を抱いているあなたへ。

この記事では「類は友を呼ぶ」ということわざの意味やルーツ、関連するスピリチュアルな法則について、詳しく解説していきます。

「自分と似ていない人が寄ってくるのはなぜ?」「人間関係に恵まれないのは自分のせい?」といった疑問にもお答えしていくので、ぜひ参考にしてみてください。

「類は友を呼ぶ」の意味とルーツ

「類は友を呼ぶ」とは、「気が合う人や似通っている人同士は自然に寄り合って仲間を作る」という意味のことわざです。

たとえば性格や価値観、生まれ育った環境、置かれた境遇などがお互いに似ていると、親しくなりやすいということを示しています。

「類は友を呼ぶ」の語源は、古代中国の『易経(えききょう)』という書物に記された「善人同士は善人同士で、悪人同士は悪人同士で集まるもの」といった意味の言葉だと言われています。

『易経』とは四書五経と呼ばれる儒教の経典の1つで、元々は占いに使われていました。
このことわざのルーツが占いの書物にあることを知ると、スピリチュアルと深い繋がりがあるということがわかるのではないでしょうか。

「類は友を呼ぶ」に関連するスピリチュアルな3つの法則

スピリチュアルな見方をすると「類は友を呼ぶ」ということわざには、次に挙げる3つの法則が関連していると考えられます。

・引き寄せの法則
・波長の法則
・鏡の法則

ここからは、上記3つの法則について詳しく見ていきましょう。

1:引き寄せの法則

「類は友を呼ぶ