間違い電話のスピリチュアルな意味やメッセージとは?

誰かから間違い電話がかかってきた、あるいは自分が間違い電話をしてしまったという経験はありませんか?

「間違い電話なんてたまたまでしょ?」と気に留めない人も多いのですが、スピリチュアルな見方をすると、実は間違い電話にもさまざまな意味があります。

今回は、間違い電話のスピリチュアルな意味やメッセージについて、詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

間違い電話のスピリチュアルな4つの意味

間違い電話のスピリチュアルな意味としては、次の4つのようなものがあります。

・自分と相手の意識がリンクしたサイン
・「言葉選びに気をつけて」というメッセージ
・自分の対応が試されているサイン
・過去世のカルマの影響

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

意味1:自分と相手の意識がリンクしたサイン

誰かから間違い電話がかかってきたときや、自分が間違い電話をしてしまったときは、その相手と自分の意識がリンクしたことを表すスピリチュアルサインの場合があります。

ハッキリと自覚はしていなくても、心の奥底で誰かのことを考えていたりすると、本来電話をかけようとしていた相手ではなく、無意識のうちに意識が向いている相手に電話が繋がってしまうことがあるのです。

たとえば、電話をかけるつもりじゃなかったのに、カバンの中やポケットの中でスマホに手が触れて、着信履歴や電話帳から誰かに間違えて発信してしまうというケースなどが当てはまります。

このような場合、相手から折り返しの電話があって初めて間違えて発信してしまったと気づくことがありますが、「ちょうどその人のことを考えていたら電話が来た」と感じるケースも少なくありません。

スピリチュアルの世界では、このような意味のある偶然の一致のことを「シンクロニシティ」と呼びます。

人の意識は深いところで繋がっているため、シンクロニシティが起こることは決して珍しくはありませんが、もともと波長が合っている人同士だと、よりシンクロニシティが起こりやすい傾向があると言えるでしょう。

意味2:「言葉選びに気をつけて」というメッセージ

人から間違い電話がかかってくるときや、自分が間違い電話をしてしまうときは「言葉選びに気をつけて」というスピリチュアルメッセージの場合もあります。

近い将来、自分の発言が言葉足らずだったり、勘違いされてしまうような言い回しだったりしたことが原因で、とんでもない誤解が生じてしまうかもしれません。

言葉の選び方ひとつで相手に不快な思いをさせてしまうこともあれば、相手との距離がグッと縮まることもあるでしょう。

特に日本語はあいまいなニュアンスの言葉や、組み合わせによって意味が変わってしまう言葉がたくさんあるため、言葉選びの失敗は誰にでも起こりえる身近な問題です。

だからこそ間違い電話がかかってきたり、間違い電話をしてしまったりすることが多いと感じたときは、いつも以上に慎重な言葉選びを心掛けてください。

普段から失言しやすいタイプの人は特に、思ったことをすぐに口にせず、一旦相手の気持ちを想像してから言葉を発するようにするのがおすすめです。

意味3:自分の対応が試されているサイン

スピリチュアル的な見方をすると、知らない人から突然間違い電話がかかってくるのは、神様によって自分の対応が試されているサインだと考えられます。

間違い電話は抜き打ちテストのようなもので、自分と何の関係性もなく、顔も見えない相手に対してどのように振る舞うのかチェックされているのです。

このようなテストのために行われる間違い電話は、あえて自分が忙しいときにかかってくるもの。
「こんな忙しいときに間違い電話だなんて」とイライラしたり、「間違ってますけど」と冷たい声で返答したりしてしまうケースも少なくありません。

ただ、このときの対応が今後の運気を左右することもあるため注意が必要です。

できれば、相手に「恐れ入りますが、電話番号は何番におかけでしょうか?」と問いかけ、相手が自分の間違いに気づいたら「大丈夫です、気にしないでください」と丁寧な返答を心がけましょう。

意味4:過去世のカルマの影響

間違い電話がかかってくるのは、過去世のカルマが影響している場合もあります。

過去世のカルマとは、過去の人生であなたがとった行動の対価として現れる結果のことです。
良い行いには良い結果が現れ、悪い行いには悪い結果が現れると考えられています。

つまり、過去世でのあなたのなんらかの行動が「間違い電話がかかってくる」という結果に結びついているということです。

そもそも、スピリチュアル的に見ると電話が伝達しているのは、お互いの声だけではありません。
実は、電話口を通してエネルギーや霊的なものも行き来しているのです。

「この人と電話すると、なんだか元気が湧いてくる」と感じたり、「この人と電話するとドッと疲れる」と感じたりするのは、電話越しに相手のエネルギーや霊的なものの影響を受けているからだと考えられます。

そうなると、間違い電話によって相手から好ましくない霊を擦り付けられてしまうケースもゼロではないということ。
過去世で恨みを買ってしまった相手から、知らないうちに今世で報いを受けている可能性もあるのです。

もし、間違い電話がかかってきてから原因不明の体調不良に陥ってしまったというような場合は、霊の影響を受けている可能性があるので、一度スピリチュアルの専門家に相談することをおすすめします。

まとめ

今回は、間違い電話のスピリチュアルな意味やメッセージについて、詳しく解説しました。

心の奥底で誰かのことを考えていると、無意識のうちにその相手に電話をかけてしまうことがあるため、それが間違い電話につながっている場合もあります。

そのほか、「言葉選びに気をつけて」というスピリチュアルメッセージだったり、自分の対応が神様に試されていたりするケースもあるため、間違い電話のときには特に話し方に注意が必要です。

また、過去世のカルマによって、あなたのカルマメイトから間違い電話がくる可能性もあります。

「たかが間違い電話」と思っていたことが、あなたの今後の人生に大きく影響してくることもあるため、スピリチュアルな意味を頭の隅に留めておきましょう。