サボテンのスピリチュアルな意味とは?サボテンが枯れるときの意味もご紹介!

植物を育てたり、インテリアとして観葉植物を部屋に飾るなど、グリーンを楽しんでいる方は多いですね。
その中でもサボテンは、育てやすく管理しやすい植物として人気が高く、おすすめできるグリーンの1つです。
サボテンは、『インディオの呪術師』の伝説が有名ですね。
アンデス高地に住むインディオの呪術師たちが、サボテンの棘で呪いをかけていたというお話しです。
ここでは『サボテンのスピリチュアルな意味』についてお話ししていきます。
良かったら、最後までお付き合いください。

サボテンのスピリチュアルな意味

多くのサボテンには棘があり、スピリチュアルではその棘に「邪気を断ち切る」パワーがあると言われています。
浄化や好転などの意味があり、その多くは邪気や不運、不幸など負の運気を断ち切る効果があるとされています。
ただし、一説にはサボテンの棘が非常に強力であるために、悪い運気だけでなく良い運気も断ち切ってしまうとも言われています。
サボテンは悪い運気を断ち切る時、棘がせり上がり浄化しているサインを出すと言われています。
もしもサボテンをお持ちの方は、注意して観察してみると良いですね。
あまり知られていませんが、人が受け取ることができる運気には限りがあります。
つまり、悪い運気をたくさん受け取ってしまうと、良い運気が流れてきても受け取ることができないということです。
ですから、悪い運気を抱えている時には、できるだけ速やかに浄化する必要があるのです。
悪いことが続いた経験はありませんか。
そういう時こそ、悪い運気でいっぱいになっている状態です。
逆に、良いことばかりが続く経験をしたことがある方もいらっ