【夢占い】蚊に刺される夢の意味とは?

夏になると蚊の存在が気になりますね。
刺されると痒いし、赤く腫れて見た目も悪いし、飛んでいる羽音はうるさいし、鬱陶しいと思っている方がほとんどではないでしょうか。
そんな蚊が夢に出てきたことはありますか?
夢の中でも鬱陶しそう、イライラしそうですね。
ここでは蚊に刺された夢の意味についてお話ししますね。
夢の中の状況によっても意味が違ってきますので、注意して読んでください。

蚊に刺される夢の意味は?

『蚊に刺される夢の意味』の前に、まずは夢に蚊が出てきたときの意味についてお話しします。
夢の中の蚊には「わずらわしさ」「鬱陶しい人」「面倒なこと」などの意味があります。
蚊が耳元で立てる羽音はブンブンうるさく、煩わしいですよね。
そのことから「わずらわしさ」という意味があります。
また、同様の理由で「面倒なこと」という意味もあります。
さらに蚊のしつこさや不快な存在から、「鬱陶しい人」という意味もあり、いずれも良い意味ではありません。
それでは、『蚊に刺される夢』にはどんな意味があるのでしょうか。
『蚊に刺される夢』には、「価値のない些細なことに悩んでいる」「ジェラシーやライバル心のモヤモヤ」などの意味があります。
もしも今悩んでいることがある場合は、それは取るに足らない悩む価値もないことかもしれません。
また、ジェラシーやライバル心は感情の中でも強い力を持っていますので、自分も翻弄されてしまいます。
蚊に刺される夢を見たら、そのときの自分の悩みや感情と向き合ってみると良いかもしれませんね。
さらに蚊に刺されて血を吸い取られることから「運気の低迷」を暗示しており、蚊だけでなく血を吸われる夢には「運気低迷」の意味があります。

大量の蚊に刺される夢の意味

大量の蚊に刺される夢には「心地悪い」という意味があり、そのときの環境に不満があったり、居心地が悪いと感じていることを暗示しています。
環境と言っても住んでいる場所だけでなく、人間関係の環境や職場環境など、様々な環境から考えてみると良いでしょう。
基本的には「面倒な状況」「鬱陶しい人がいる」などの理由から、居心地の悪さを感じていることが考えられます。
もしも改善する方法があるのなら実行するのも良いですが、その原因が人間関係の場合は争って感情的になるよりも回避した方がいい場合もあります。