【夢占い】流れ星の夢の意味6選!シチュエーション別にご紹介!

『流れ星の夢』なんてロマンティックですよね。
実際に現実でも見る機会はなかなかない流れ星ですから、夢に出てきたらその意味は気になるのではないでしょうか。
どんな深層心理があなたに『流れ星の夢』を見せたのか、是非知りたいと思うでしょう。
ここでは『流れ星の夢の意味』について解説していきます。
同じ『流れ星の夢』でもシチュエーションによって吉夢にも凶夢にもなりますので、夢の内容をよく思い出して注意して見てくださいね。

流れ星の夢の意味とは?

『流れ星の夢』は、「願い事を叶える」吉夢です。
流れ星と言えば「願い事を叶える」というイメージの方は多いでしょう。
しかし実際に流れ星を見て、願い事を3回唱えるのは至難の業です。
これに成功したという人の話しは、あまり聞いたことがないですよね。
それは「願い事はそうそう簡単に叶うわけではない」という意味だという説もあります。
しかし、それが夢の中だったら?
願い事を3回唱えるのも不可能ではないですよね。
この夢は、あなたの「運気上昇」「夢が叶う」「目標達成」など、成功を暗示しています。
恋愛、仕事、対人関係、すべてにおいて様々なチャンスに恵まれるでしょう。
ただし、実は『流れ星の夢』には、良くない意味もあるのです。
夢の意味には、昔から『一瞬で消えるもの』は「不吉なもの」と捉えてきました。
「運気の低下」「チャンスを逃す」「トラブル」を暗示する場合もありますので、注意が必要です。
それでは、シチュエーション別に『流れ星の夢の意味』を見ていきましょう。

流れ星に願い事をする夢の意