【夢占い】家が壊れる夢の意味7選!シチュエーション別にご紹介!

『家が壊れる夢』を見たことがありますか。
実際に起こったら、とんでもない衝撃を受けるでしょう。
それでは『家が壊れる夢』にはどんな意味があるのでしょうか。
ここでは『家が壊れる夢の意味』について解説していきます。

家が壊れる夢の意味とは?

『家が壊れる夢』は、あなた自身に「何らかのトラブルが起こる」ということを意味しています。
夢の中の『家』は、「あなた自身の状態」を示しており、『家が壊れる』ということは心身にトラブルが起こるという意味があります。
肉体的な問題としては、ケガや病気、疲労などの不調が考えられます。
メンタル的な問題としては、ストレスや悩み、心労などがあるでしょう。
今現在、不調がある方は、さらに今以上の不調に悩まされる恐れがありますので、十分な注意が必要です。
また別の意味では、あなたが挫折することを暗示しています。
夢や目標に向かっている人は、もしかしたら挫折するような出来事があるかもしれません。
それではシチュエーション別に『家が壊れる夢の意味』を見ていきましょう。

家が壊れそうな夢の意味

『家が壊れそうな夢』は、あなたの「家庭や財産が危機に瀕している」ということを暗示しています。
夢の中で『家』はあなた自身を投影していますので、その家が『壊れそう』な状況だということは、家の中に存在している家庭や財産が危機的な状況であることを示しています。
或いは、あなた自身が家庭環境や財産に対して不安を感じていると言うこともあるでしょう。

台風で家が壊れる夢の意味

『台風で家が壊れる夢』は、あなたの「家族全体にトラブルが起こる」ということを暗示しています。
台風だけでなく、地震などの自然災害で家が壊れる夢は、ほかに夢の中で印象的なことがなければ同様の意味があると捉えて良いでしょう。
『破産』『一家離散』など、家族みんなが悪い変化を強いられ、それぞれの人生に良くない影響を与えるでしょう。
ただし、夢の中でその後に天候が回復したり、状況が好転した場合は、悪い変化の後に回復するチャンスがあるかもしれません。

洪水で浸水して家が壊れる夢の意味

『洪水で浸水して家が壊れる夢』は、あなたの「運気が好転する」ということを暗示しています。
しかも大きな転換期となりますので、心構えをして過ごしたほうが良いでしょう。
まるで大きな濁流に飲み込まれるように、あれよあれよという間に状況は大きく転換します。
気を付けなければ、あなた自身が置いてきぼりを食らったような気持ちになってしまい、せっかく好転したことを喜ぶことができなくなってしまう恐れがあります。
そうなると、運気は徐々に低下し始めますので注意が必要ですね。
また、洪水のために家が流される夢にも良い意味があり、幸運な出来事が訪れるでしょう。

火事で家が壊れる夢の意味

『火事で家が壊れる夢』は、炎の勢いや燃え方によって意味が異なります。
ゴォーゴォーと勢いよく家が燃える夢の場合は、あなたの「人生に関わる大きな転機が訪れる」ということを意味しています。
家が跡形もなく燃え尽くされてすべてを失った場合は、あなたが「何かを始める」「新たにスタートさせる」という意味があります。
また、勢いのない火がくすぶるボヤの場合は、あなたの「心配事が長引く」「問題が解決しない」などを表しています。
夢の中の炎の様子や燃え方を思い出して、注目してくださいね。

家が壊れて廃墟になる夢の意味

『家が壊れて廃墟になる夢』は、あなたの「運気が低下する」「家庭内でトラブルが起こる」などの意味があります。
特に、夢の印象が暗い場合は良くないことが起こることを暗示しており、もしかしたら今現在も既に悪い状況にあるのかもしれませんね。
廃墟は完全に家が倒壊した状態ではなく、家の形は残っているものの、ほぼ壊れた状態を指します。
この廃墟に、自分から移り住む夢の場合は、「良くも悪くも変化がない」という意味があります。

家が壊れて修理する夢の意味

『家が壊れて修理する夢』は、あなたが「体調不良で医者にかかる」ということを意味しています。
特に、家の一部が壊れて修理をしている場合は要注意です。
もしも心当たりがある方は、早めに病院を受診することをおすすめします。
ただし、壊れた部分を修理するのではなく、家を増築したりリフォームする場合は、対人運がアップします。
人間関係で、あなたにとって幸運な出来事が起こるでしょう。

家が壊れて雨漏りする夢の意味

『家が壊れて雨漏りする夢』は、あなたが「身近な人への信頼に不安を感じている」ということを意味しています。
夢の中で『雨漏り』は、「信頼」「自信」「金運」などを意味しており、シチュエーションによっては良い意味合いになることもあります。
ただし、自分の家が雨漏りしている夢は、あまり良い夢だとは言えません。
もしも夢の中で雨漏りを見ているだけなら、あなた自身が身近な人を信頼できなくなって不安を感じているけど、どうすることもできない状態であることを示しています。
もしも夢の中で雨漏りを修理していたり、雨漏り対策にバケツを置くなどしている場合は、誰かのサポートで不安を解消することができるでしょう。

[まとめ]

いかがでしたか?
『家が壊れる夢の意味』について解説してきました。
『家が壊れる夢』は、基本的に「何らかのトラブルに遭う」という意味があります。
『家』は夢の中では自分を投影するものであり、そのときの自分の状態を表しています。
ですから『家が壊れる夢』は、良い夢とは言えません。
夢の意味を参考にして、あなた自身を大切に過ごしてください。
運気はいつまでも低迷したままということはありませんので、悲観してはいけません。
前向きに過ごすことで、必ず運気を上昇させることができるでしょう。