【夢占い】受験に落ちる夢の意味5選!シチュエーション別にご紹介!

『受験に落ちる夢』を見たことがありますか。
実際に受験を控えている人やその家族の方にとっては、これほど嫌な夢はないでしょう。
しかし特に受験を控えているわけではない人にとっては、「どうしてこんな夢を見たんだろう・・」と不思議な気持ちになるかもしれませんね。
ここでは『受験に落ちる夢の意味』について解説していきます。
シチュエーションによって意味が異なりますので、夢の内容をよく思い出して参考にしてくださいね。

受験に落ちる夢の意味とは?

『受験に落ちる夢』は、あなたの立場によって意味が異なります。
もしもあなたが“受験を控えている立場”、或いは“受験をして合否発表を待っている立場”の場合は、あなたの「受験や合否に対する期待と不安」の心理の表れです。
そのご家族も同様の意味となるでしょう。
また、あなたが“受験する予定のない立場”“社会人”の場合は、あなたの「人に認められたい」という心理の表れです。
もしかしたら、あなたは焦りや不安を感じているのかもしれません。
信頼できる人の率直な意見を聞いてみるのも良いかもしれませんね。
それではシチュエーション別に『受験に落ちる夢の意味』を見ていきましょう。

自分が受験に落ちる夢の意味

『自分が受験に落ちる夢』は、あなたが「何かに対して後悔している」という心理を表しています。
合格発表を見に行って自分の番号がなかった夢は、あなたの中に「出来る限りのことをしてこなかった」という思いがあることが考えられます。
それは勉強に関することかもしれませんし、仕事に関することかもしれません。
或いは、人間関係や家族に対する想いということもあるでしょう。
この夢は、あなたに対して「今後の人生で二度